IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>996

◎IT投資状況とR&D戦略の関連。
 ⇒R&D戦略のコアはデータサイエンス。
  ⇒データサイエンスの課題は大きくは3つ
   ・データが汚く加工に時間がかかる
   ・使えるデータが少ない
   ・サイエンティストの養成
   ⇒「使えるデータが少ない」←金で何とかなるが、
     他2つは会社としての仕組が必要←お金というより政治力
    ⇒「IT投資状況とR&D戦略の関連」の成否はパイプラインの中身で判断可
     ・新薬物質1つで複数の疾患を治療できるなら「成」
     ・2022年以降(おそらく2023)パイプラインの厚みが増すなら「成」
     ・それ以外失敗

◎(第1、2)第3層試験結果と承認
 ⇒3層試験パスで株価が上がることがあるが、ものによっては承認後株価上昇
 ⇒1、2層試験は市場規模が大きいもののみ注意する必要あり。マーケット期待大

◎外部環境(政治。特に薬価/税制)
 ⇒現在はバイデンと共和党の政策内容に乖離がありすぎているが、
  9月ごろに結論を出す模様なので、議論が煮詰まる8月警戒。

ってところかな。
カンファレンスや総会は言わずもがな。

  • >>1011

    ありがとうございます

    企業戦略の成否を見ているような視点ですね

    >◎IT投資状況とR&D戦略の関連。
    > ⇒R&D戦略のコアはデータサイエンス。
    DB屋として、これは納得!
    武田のIR見ていると複数企業間で開発行っているから、データ連携のナレッジがあるのでは?と期待していましたが、
    冷静に考えると武田規模の会社とシャイアーの合併ということは武田とシャイアーのデータ統合なので恐ろしいです🥺🙏

    >◎外部環境(政治。特に薬価/税制)
    > ⇒現在はバイデンと共和党の政策内容に乖離がありすぎているが、
    この議論は出たり無くなったりしてますねw9月がリミットか~
    注意しておきます💨