IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今晩、パウエル議長が参加する会合での発言をマーケットは警戒感を持って注視しており、米長期金利の上昇に対してけん制的なコメントを期待している。足元の動きは、昨年の9―10月頃にみられた動きと似ており、長期金利の上昇懸念によりマーケットが混乱する中、FRB高官やパウエル議長の発言、あるいは金融政策で市場が落ちつけば調整は長くは続かないとみている

今晩パウエルのオサ~ンが「長期金利下げたるわ」言うんちやう?知らんけど。