ここから本文です

日立グループのイントラネット「GWAN」は、日本を含め世界中の約2800拠点を結ぶ大規模ネットワークだ。日立製作所はそのGWANにSD-WANを導入する。

SD-WANとはSoftware Defined WANの略称で、ソフトウェアで制御されるWANのことだ。

SD-WANではそれぞれの拠点にSD-WANルーターを設置し、専用線やISDN、インターネット回線など物理回線の上に仮想的なネットワークを構築する。これにより回線の違いを意識することなく、WebブラウザーからSD-WANのコントロールパネルにアクセスするだけで、WAN全体を一元的に管理・制御できるようになる。


4つのSD-WAN製品を採用
日立は2800拠点すべてに同じSD-WANを採用するわけではない。日本/日本小規模/中国/グローバルの4つに分類し、それぞれに適したSD-WANサービスを使い分ける計画だ。

まず日本国内に1000拠点ある大・中規模拠点は、NTTコミュニケーションズの「Master's ONE CloudWAN」を採用。ニーズに応じて機能をカスタマイズできるのが特徴だ。数百拠点ある国内の小規模拠点には、ソフトバンクのマネージド型SD-WANを選定した。コストパフォーマンスを重視しての結果だ。

次に約100拠点ある中国に関しては、政府による規制がある特殊市場であるため、中国製品から選定中である。その他のグローバル拠点については、ベライゾンが提供するシスコ「Viptela」ベースのSD-WANサービスの導入を決めている。