IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>846

銀行業は「情報収集能力」こそが生命線であるのに、株式会社ネクシィーズ(当時)は、『整理解雇の4要件』と言われる重要判例を無視してアルバイトの解雇を強行し、ネクシィーズ大阪支店の元アルバイトらから裁判を起こされ、大阪地方裁判所による「和解勧告」に従って1億1千万円もの和解金を元アルバイトに支払ったり、「計算が間に合わない」という理由で東京証券取引所に決算を提出できずに株価が急落した過去のある会社だということをネクシィーズグループと組んだ銀行の行員は知らないんだろうか?

預金者である我々は、それぞれの銀行が融資先としてどういう会社を選んでいるのかを、慎重に見極めていく必要があるということだ。