ここから本文です

売上高12,609百万円(対前同期比 +1.8%)、経常利益1,450百万円(対前同期比△8.9%)と、3Q決算の利益が対前年マイナスとなりましたが、これはある程度、予想されていたことです。
事業計画で営業人員の拡大で7億円、オフィスの拡大(移転)で2億円の販管費増を見込んでいたことと、新人の戦力化に半年かかるとの決算説明会の話を考え合わせれば、3Q決算が悪くなるのは想定の範囲内。
新人の研修に人手が取られたことも3Q苦戦の一因のようですが、良好な事業環境は変わっておらず、遅かれ早かれ営業人員の大幅増の効果は出てくるでしょう。また、来期は採用も落ち着くだろうし、オフィス移転費用も消えるので、来期の大幅増益にも期待ができる状況です。

3Q決算を受けて翌日の株価は一気に15%以上も下げました。出来高が少なく、短期勝負の個人投資家の売買が大宗を占める小型株でしばしば起きる、過剰反応気味な値動きですね。
ネクシィーズに限らず、短期勝負の個人の売買が増えており、株探の決算短信の自動作成ニュースに反応して狼狽売りが膨らむことが増えている感じです。YAHOO!掲示板も一昔前より、ずいぶん荒っぽいの書き込みが増えてるしw。

オーバーシュート気味に下げることがわかっているので、中長期の投資家はあえて買い向かう必要もない。底を打ってからゆっくり買っても利益は出せそうですから。

さて、どうなることやら。
以上、中長期スタンスの投資の話ですので、悪しからず。(短期の人たちを否定するわけではありませんw)

  • >>418

    ネクシィーズゼロの売上とセグメント利益の推移を前期から見てみましょう。
    (前期はエネルギー環境関連事業の数字)

            売上高/セグメント利益
    2017年10-12月 31.5億円/7.5億円
    2018年1-3月 33.7億円/10.3億円
    2018年4-6月 36.8億円/9.6億円
    2018年7-9月 37.0億円/6.9億円
    2018年10-12月 32.3億円/5.7億円
    2019年1-3月 36.3億円/4.9億円
    2019年4-6月 36.2億円/5.4億円

    会社の言っている事を鵜呑みにして良いでしょうか?
    レンタルする商材の構成が変わって利幅が減っている可能性もあります。
    4Qを見れば会社の言っている事が本当かどうかが分かるのではないかと思います。

    会社の評判を貼っておきます。
    人を沢山採用したからと言って、定着するか、戦力化するかはまた別な話だと感じます。
    今は人手不足なので、ネクシィーズのようなタイプの企業は、人集めと定着率で苦しむのではないかと考えています。

    4346 - (株)ネクシィーズグループ ネクシィーズゼロの売上とセグメント利益の推移を前期から見てみましょう。 (前期はエネルギー環境関連事