IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

菅官房長官は政府の観光戦略に関する会議で、「ワーケーション」など新たな形の観光を推進していく考えを示しました。

菅長官「リゾート地、また温泉地などで余暇を楽しみつつ仕事をするワーケーション、サテライトオフィスなどは新しい旅行や働き方のスタイルとして政府としても普及に取り組んでいきたい」

菅長官は、新型コロナの影響で広がったテレワークを活用し、リゾートなどで余暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」などの普及に取り組む考えを示しました。

その上で「ホテルなどで仕事ができるようWi-Fiの整備などの支援をしていく」と述べました。