ここから本文です

いわゆるネット広告には各プラットフォームに対応する広告ですが要するに興味別、一度検索したものに対する追い上げ、とそれを動画かリスティングでやるか等従来の伝統的メディアの手法をネットというツールでやるということです。プラットフォームの拡散とパーソナルサイトの拡大、ライン、ツイッター、フェイスブック、さらにはAbemaTV,daznなど新しいメディアの登場で広告手法が変化しているのが背景といえます。今後はAIを使う仮想空間メディアもあらわれますので3次元での広告手法も登場するといえます。最適な広告手法の提言こそが代理店の条件になります。日本ではAbemaTV,を有するサイバーエイジエント、がトップですがローカルで世界では話題にもなりません。米国、中国の闘いは熾烈で現在のフアウェイを中心とする米中経済戦争の中核はまさにこの知的財産権の闘争にあるわけです。伝統媒体では出所が鮮明で広告のフォローも統制できましたがネット宇宙ワークではコントロールはできません。するとどうなるかというと誰もが勝手に広告できる時代になるというわけです。企業もネット広告組織を作ればできますが規模が大きくないとコストが合いません。ようするにネット広告とは細分化(miniturisation)ということで