ここから本文です

7守が創業してネット広告部門で佐藤が実績を上げ700億を売り上げる会社が電通に20%の株式を任せたのは何故か。20%の株式とは今後の会社運営と人事、について
の最終的権限を譲渡したということ。創業した7守の考えはわからないが結局絶対的経営の自信がないからだろう。ガリバーに乗っ取られる前に融和的自分等の居場所と金を確保したという事。このままだとモラールの低下が必然。社長ではあるが又相応の役員報酬はあるがそれ以上のインセンティブが無い佐藤はどうするか?ここからが問題。いずれにしても株価が高くてはなにもできない。下げれば投資信託の投げも生ずる。そこからだ。