ここから本文です

イランの原子力庁は8日、ウランの濃縮度が合意で決められた制限の3.67%を超えたと明らかにしました。

アメリカとの対立がさらに激化するとともに、イランへの支援策を模索するヨーロッパ各国からの反発も避けられない見通しです。