IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>108

【黒田電気の上場廃止と、その後に向かうところ】(その1)

■販売実績トップ2に【黒田電気】が浮上■ 

クラ有報(2021-06-29提出、p14)によると、
2021年3月期(自2020-4-01~至2021-3-31)で

販売実績のトップ3は、以下の通りである。
※クラ有報(2022-6月提出)は現在、未開示。

ーーー<p14/60>より抜粋し、以下へ貼付ーーー
C.販売実績
(主な相手先別の販売実績と割合)
<相手先> 前事業年度(割合)⇒当事業年度(割合)
     (2019-4~20-3)  (2020-4~21-3)
・長瀬産業 385,325(46.1%) 296,935(40.3%)
・黒田電気  34,132(04.1%) 113,904(15.4%) ★★★
・ナガセエ 114,035(13.6%)  58,689(08.0%)
 レックス
※ 販売実績:(千円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3社中で、販売額を前年比で3倍と急増させて
2位に浮上の【黒田電気】にご注目下さい!!!

【黒田電気】は中国市場に強い電子部品・商社 ▲▲▲
であり【インクジェット・ノズル関連だけ】を ▲▲▲
一手に扱う協力企業であるらしい。

 ⇒ 詳細は、下記の■《関連投稿》URLを参照。

ノズル価格は(単品売19万円)と高価で且つ、★★★
高利益率を誇るようで、クラ収益向上に大きく ★★★
貢献していると想定される。         ★★★

2022年3月期(自2021-04-01~至2022-03-31)で、
どのくらい伸びているのか、楽しみである。
※ クラ有報(2022-06-xx提出)が出れば判明。

■《関連投稿》

◆【黒田電気が販売するのはインクジェットノズルとの事】(kaaさん)_2022-02-16
 (2022-02-16:kaaさん:投稿925)
h
ttps://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1004240/4240/46/925

・産機向けはインクジェットプリンター向けが大半との事 ●●●
・黒田電気が販売するのはインクジェットノズルとの事、 ●●●
 その黒田電気との取引高は、前期は前々期より3倍増。

  • >>129

    【黒田電気の上場廃止と、その後に向かうところ】(その2)

    ■【黒田電気】との面白い事実■ 

    【黒田電気】のことが妙に気になり調べてみると、
     色々と面白い事実が浮かび上がってきた。

    ============================

    ◎白戸幸治 新取締役の経歴
     (黒田電気(株):昭和46年4月入社~平成21年2月退社)

    ・2010年6月開催のクラ株主総会で、「新取締役に選任
     された白戸幸治氏」は長年にわたり黒田電気に勤務。
     (古参の皆さん方は、ご記憶にあるかも)

    ============================

    ・2010年当時の【いちよし☆タイムズ】(いちよし証券)の
     記事で【黒田電気】を、2つ見つけたので紹介します。

    *** ①【いちよし☆タイムズ】2010年6月17日号 ************
    ◎ 黒田電気(7517、東証1部)
    ********************************************************
    1. 独立系の電子部品商社で自社製品開発にも意欲

     独立系の電子部品商社で、自社製品開発にも力を入れている。

     太陽電池製造装置では、薄膜型太陽電池の生産ラインに
     導入される超音波自動電極ハンダ付け装置を、100%出資
     連結子会社の黒田テクノで手掛けている。

     超音波自動電極ハンダ付け装置は、従来、銀ペーストの
     塗布と焼き直しが必要とされる電極ハンダ付け工程を、
     新たに超音波を用いることで大幅なリードタイムの短縮
     化が図れるものである。

    2. 「プリズムフィルム拡販」を原動力とした収益拡大を予想

     プリズムフィルムの販売が好調な見通し。

     プリズムフィルムは、液晶ディスプレイのバックライト
     から斜めに出てくる光を反射させ、表面に向くように光
     の角度を変える役割を持っており、液晶ディスプレイの
     輝度向上に貢献するものである。

     プリズムフィルムは、液晶テレビのLEDバックライト
     化や3D化によって、搭載機種や搭載枚数が広がる見込み。

     いちよし経済研究所は、11/3期の連結経常利益を前期比
     39.9%増の70億円と、会社計画65億円を上回ると予想。

    ※(その2a)に続く。