ここから本文です

>>1001

【クラ出願特許と、クラ製PIJ名指し使用増加】(知財評価)

現在、世界的に注目されはじめた「ESG
(環境・社会・ガバナンス)投資」に続いて、
次は、「知的資産」を決算報告書に反映し
たらどうか?という意見が出ているとの事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数年前の話で恐縮ですが《新興市場(化学)
特許資産規模ランキング》に於いて、クラ
は、タカラバイオや、トリケミカル研究所
などと、上位争いをしていた事もあります。
(企業保有特許の市場注目度を数値化した
 パテントスコアで評価)

◆【新興市場:化学 特許資産規模ランキング2013】
(2013年12月24日:パテント・リザルト社)
https://www.patentresult.co.jp/news/2013/12/emergingmarket05.html

・前年圏外であったクラスターテクノロジーは
 「DNAチップや、プロティンチップ等に用
 いるアモルファスカーボン基材」などに、
 市場注目度の高い技術が見られます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし、知財評価の決算組入れが実現すれば、
クラは知財持ちの評価を得て、クラ株価は
今より一桁跳ね上がるかもしれませんネ(笑)