IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

決算説明資料より

2022年度第1四半期決算 ~会社計画比~
・会社計画に対しては利益段階で未達ながら、通期計画は達成可能と判断。
・第1四半期はクレーム対応費用等の要因で未達。
・売上収益は、自動車向けがやや弱含んだものの、全体ではほぼ計画通り。
・営業利益以下は未達。
+)円安、製品ミックスの改善、生産効率の改善
ー)輸送費の増加、クレーム対応費用、株式報酬費用 等
・EBITDAは株式報酬費用を含まないため、未達幅は小幅。

・クレーム問題への対応は1Qでほぼ終了。現段階で通期計画の変更なし。
+)為替前提110円に対して円安で推移
一部製品の値上げ
ー)輸送費の増加、株式報酬費用