IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

積水化学が2025年にペロブスカイト太陽電池を実用化
これが実現すると日本の産業にとっても大きい
原料がヨウ素と鉛だからだ、鉛は海外に依存しなくてはならないが
ヨウ素は唯一日本国内で100%自給できる国産資源です
ヨウ素の生産地は世界的に偏在しており、経済的に生産できる地域は
限られている、チリと日本で世界のヨウ素生産の大半を生産している
またヨウ素は元素であるため化学合成が出来ないからチリや日本の
重要性が増してくるだろう
ペロブスカイト太陽電池は都市をまるごと発電所にできるという有望なもので
あらゆる場所に設置できる
今後世界中でヨウ素資源の探索が行われ、新たな鉱山が開発されるかも
しれないが、日本は重要な戦略資源を国内に持ってることには変わりはない