ここから本文です

ここは決算時で上げ下げはないですよ。例えるなら海のなかのクラゲ。日経につられてただようだけです。
タカタにはもう請求したんですかねえ。増益の部分は新規分だと思いますが…
前回の自社株買いも1400円までの急動意でしたが、一瞬で落ちました。今回決算が良好でも高株価は維持できないでしょう。
またエアバッグ関連の好決算は自動車会社からの値下げ圧力にかわるので、ダイセルとしては目立ちたくないのが本音なのではないでしょうか。
株価は目立たぬ程度、決算もそこそこ、それが丁度よい、と経営陣は考えていると思いますよ。
株主としては怒り心頭です。我々は彼らの踏み台なのですよ…