IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

腎性貧血治療剤「バフセオ®錠」(HIF-PH阻害剤)新発売のお知らせ(2020年8月26日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:上野裕明、以下「田辺三菱製薬」)は、「バフセオ®錠150mg、同錠300mg」(一般名:バダデュスタット、以下「バフセオ®錠」)(低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(Hypoxia Inducible Factor Prolyl Hydroxylase;HIF-PH)阻害剤)について、8月26日に薬価基準に収載されたことを受け、本日、新発売いたしますので、お知らせします。

 腎性貧血の患者さんには、透析前の保存期や、血液透析または腹膜透析を実施中のいずれの時期にも、疲労、息切れ、不眠、頭痛、活力の低下などの症状が現れることがあり、患者さんのQOL(生活の質)の低下につながります。腎性貧血は、慢性腎臓病(CKD)の早期のステージから発現し、CKDの進展に伴いその頻度が上昇することが報告*されています。
 「バフセオ®錠」は、腎性貧血を適応症とした1日1回服用の経口剤であり、保存期ならびに血液透析または腹膜透析を受けている腎性貧血患者さんへ、新たな治療の選択肢を提供できるものと考えています。

 なお、「バフセオ®錠」においては、透析領域に強みのある扶桑薬品工業株式会社とパートナーを組むことで幅広い医療関係者の皆様へ適切な情報をお伝えできると考え、本年5月にコプロモーション契約を締結しています。

 田辺三菱製薬は、「バフセオ®錠」の提供を通じて、日本の腎性貧血患者さんに、新たな利便性の高い医療を提供してまいります。

へっへ

(^^)