ここから本文です

>>988

いつの時代も、交通安全は大事なことだ。

貴方がマスコミ報道に毒されているといけないので
老婆心ながら、一度だけ書いておく。

マスコミ報道では、高齢者が絡む事故が多い・
全国的に急増しているかのようなイメージを与えているが、
統計数字の実態を見るとそうではない。

この20年間で、交通事故による死亡者数は半減している。
その中で、高齢者の死亡は減少せずに、横ばい状態で推移。
事故の中で高齢者の絡む割合は増えていることは確かだ。
しかし、人口構成の中で、
高齢者の割合が加速度的に増えている中で、事故の実数が横ばいという事は、
高齢者だけで考えた場合、交通事故死亡率は減少しているという事。

つまり、今、マスコミで、報道されている高齢ドライバーの問題は、
高齢に伴い運転テクニックに問題が生じているというよりも、
高齢ドライバーそのものが増えている・・という高齢化の問題だ。

ではなぜ、テレビなどで、そういう報道が多いのか?
当然、高齢ドライバーにさらに運転注意を喚起するためと
安全運転をアシストできる装置を付けた車への買い替えに誘導しよう・・・
そういう目的もあるものと思う。
自動車メーカーは各社は、今でも、マスコミ業界では有力な広告主だ。

まあ事実はどうであれ、
交通安全・安全運転は大事な事だ。
貴方も気を付けて暮らすことだ。

この板に関係のないコメントを書いてしまったので、
板汚しになるので、後ほど 自分で削除する。