ここから本文です

大陽日酸が大引け後、決算発表を行い、今期経常利益は15%増の8期振りの最高益を更新、1円増配としました。これを受けて週明け、株価はどう反応するのか。今日は9円高の1520円。田辺三菱も今日発表で減収増益、2年連続、2円増配。

ここのところ、好決算企業の株価を見ておりますが反応は鈍い印象。すでに相場は来年以降の企業業績を織り込みかけていると思われます。

三菱ケミカルはその点、ヘルスケアをはじめ、有望な分野を内包しているスケールの大きな企業だと思ってるので目先はいろいろなことがあり、時にきつい調整もあろうかとは思いますが投資先としての期待は大です。

それはさておき、13日の決算発表を挟んでの攻防はみものですね。4月27日以降のチャートは投資心理そのものを表すので興味深いです。