ここから本文です

>>22

お返事、どうもありがとうございます。
3月11日でしたか、ROEについて触れていました。
直近27日の上げは、25日(土)取引のない日の報道に起因。
今回も連休前のしかも17時16分という微妙な時間帯に加え、何故増配を付加して発表したのか?言い換えれば、何故25日の報道では増配に触れなかったのか?
空白の5日を周知、考慮期間とするためか?
何故、情報を小出しにしているのか?
最近、エーザイ・武田薬等が相場を賑わせていたので田辺三菱あたりが何か持っているのか?
妄想が膨らみます。
尤も、本決算にて目新しいものが無ければ失望売りにもなりかねませんし。
まずは連休明けに注目ですね。
何れにせよ少しでも強さが出てきて欲しいものです。

  • >>23

    新規2型糖尿病治療剤「カナグル(インヴォカナ)」、多発性硬化症治療剤「ジレニア」のロイヤルティー収益が円安の影響でかなり見込めるはずで、田辺三菱製薬(4508)の株価も見ていましたがエーザイなどの高騰からの連想買いには至りませんでした。ただ、今は市場が注目していないだけに今後は面白いかもしれません(4508も)。他は新薬開発には臨床治験など時間がかかるので今の段階で目新しい材料には難しいかなと。

    円安、原油安のダブルメリットによる今回の大きな利益を懸案だった赤字採算部門の抜本的な改革に当て、わずかな増配よりも構造改革を優先すれば4桁はありだったのかなとも思ってましたが、ROEもありますしね。シェールガス革命には興味があったので原油価格にも注目してましたが底を打った感あり。まだわかりませんがこれから原油高、ギリシャのユーロ離脱などによる円高が誘発されると一気に形勢が変わる可能性はあります。

    ですが、今後アメリカのシェールガス開発事業に上手く参入していけば「1000円」は通過点になるのではないかと「あくまで個人的な期待ですが」思っております。