ここから本文です

事業説明会より、
2020年度のコア営業利益を、従来の3800億円から4100億円にすることなどを説明。他にも、傘下の田辺三菱製薬が、植物由来ウイルス様粒子(VLP)ワクチンの商業用の製造設備の建設をカナダで開始したことや、傘下の生命科学インスティテュート(LSII)が、2018年10月に、他家Muse細胞製剤の製造施設を竣工したことなどが説明された。

他にも、三菱ケミカルが取り組む生分解性プラスチック「BioPBS」について、2019年度に現状より3倍の売り上げを目指すことなどが説明された。


ミューズ来年増産か、心筋梗塞など細胞再生、これノーベル賞もんや!!