ここから本文です

>>1213



今期下方修正の理由は子会社解散に伴う特損と国内自動車産業の業績悪化によるものだろう。
しかし国内自動車産業は既に足元でも販売数量増に転じているし来期は円安メリットの恩恵を目一杯受けて他国に対する競争力の回復とともに大幅な増収増益になるだろう。
タイムラグがあるのでここのような部材メーカーへの恩恵は来期になるのだろうね。
前回の四季報予想はここまでの円安や自動車産業の業績急回復を織り込んだものではないだろうから予想EBS38.2円はさらに上ぶれる可能性もある。
PBRは0.34だし相当な割安株だね。
4%を超える期末8円配当は維持されているんだから少なくとも期末に向けては上昇していくよ。