ここから本文です

そういえばカネカの反論、当社の対応に問題ないとしながらも有給休暇取得拒否について何の弁明もしてないね。

5/16の転任が絶対とされたから転任回避のために7月支給のボーナスは諦めて5/31を退職日とした。
5/16が絶対着任日とされたことから転勤が退職に変わっても引き継ぎは5/16迄に済むはずで、残り二週間は有給休暇取得に充てることができる。

ところがその後の上司との面談で5月中は引き継ぎに充て退職日を6月中下旬にずらし二週間程度の有給休暇を取得して退職する方向で合意した。
が、
「5月末で辞めてくれ。時間は短いけど引き継ぎはやってほしい」とメールが来て、
「有給休暇の取得はほとんどできないスケジュールです。納得いきませんでしたが、もう議論する気にもなりませんでした。」
となった訳だ。

時系列でみると会社側が有給休暇を引き継ぎに充てさせながら、代替の有給休暇取得を拒否したように見えるけど、この点カネカには問題ないとする法的根拠を示して欲しいところだな。
上司からのメールが有給休暇取得拒否の証拠になってて反論できないって訳じゃないよね?
カネカさん。