ここから本文です

マツダ2 改良新型に「Mハイブリッド」設定…2020年初頭に欧州発売へ

燃費を向上させるマイルドハイブリッド

欧州仕様のパワートレインは、「SKYACTIV-G」の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンだ。最大出力は75hpと90hpの2種類のチューニングが用意される。トランスミッションは6速MTを組み合わせた。
最大出力90hp仕様には、「マツダMハイブリッド」が設定される。マツダMハイブリッドは、欧州向けの新型『マツダ3』と『CX-30』にも用意されるマイルドハイブリッドだ。24Vのマイルドハイブリッドで、ベルト駆動のスタータージェネレーター(B-ISG)を採用。減速中のエネルギーを回収し、リチウムイオンバッテリーに蓄える。この電力がモーターに送られ、加速時などにエンジンのパワーをアシストする。低負荷走行時にはエンジンを停止し、惰性走行して燃費を稼ぐ。マツダ2改良新型のマツダMハイブリッドでは、トランスミッションは6速ATを組み合わせている。

こちらのサイトより引用

https://response.jp/article/2019/07/24/324801.html