IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

一部昇格発表を受けて株価水準を切り上げたのが5月26日で、今日が数えて25営業日目。
これで25日移動平均が新ステージの価格帯にきれいに変わったわけだが、プラス5%程度の乖離しかなく、過熱感もなし。
株主総会も通過し、機関投資家も含めた市場が目を向け始める雰囲気が濃いね。

前期に業績を牽引した自動車関連ではヨロズに50億円以上の売上があったようだけど、自動車部品メーカーの設備投資(単純な生産拡大というより人手不足への対応)は現在の潮流。今期も大口受注があれば業績にはポジティブ。株価もその辺りへの期待が表れてきたかな。