ここから本文です

田中と、国の研究機関である産総研との共同出願で出されていた特許が、本日付けで成立しています。
特許の主な内容は、以下の通りで、安価で高性能の正極材である旨が、謳われています。

「比較的安価な原料を用いて得られる特定組成のリチウム-鉄-マンガン系酸化物固溶体またはリチウム-チタン-マンガン系酸化物固溶体を基本構造として、これに、従来知られているリチウム含有複合酸化物におけるマグネシウム含有量より多い特定範囲のマグネシウムを固溶させることによって、マグネシウムを含まないか、或いは、マグネシウム含有量の少ない酸化物と比較して優れた充放電特性を有するものとなり、特に、充放電を繰り返した後の充放電容量が高くなることを見出した。その結果、該酸化物をリチウムイオン二次電池用の正極材料として用いることによって、安価な原料及び金属元素を使用して、充放電サイクル特性に優れた電池を作製できることを見出し、ここに本発明を完成するに至った。」