ここから本文です

「今春より本格化すると見込まれる電池部材メーカーの選定に照準を合わせて取り組んでおります。」と書かれているので、今の時点では追加の資金を必要とするような設備増強の判断が出来ないから、増資の判断を1年延期したのではないでしょうか。
いずれにせよ、今回のIRからは、田中が今後の業績に自信を持っているように感じられます。