ここから本文です

「一般的な火力発電のエネルギー変換効率は35~43%、最新の発電所では55%以上になってきており」とネットにはある。一方、ガソリンエンジンの熱効率は「現在市場に出ている乗用車のエンジンの熱効率は40%程度。」ただ、「ガソリン・ディーゼルエンジンの熱効率50%以上を達成」とネットにはある。だから、現状ではXEV化しても必ずしも環境に優しいとは言えない。道路はクリーンになるだろうけど、CO2排出量はどっこいどっこいと言うこと。むしろ、現状ではXEVを製造するためにエネルギーを消費しているから、環境に優しくないかもな。