ここから本文です

今回の決算の車載リチウムの変化をどうとらえるかです。初動が感じられました。住友化学の子会社になり今までとは、違う企業に生まれ変わろうと第二の創業期の位置付けで動いています。原料相場の会社との話がありましたが、田中化学は、研究所です。おそらく、コバルトの使用量も他社に比べて少ないレベルで作られていると思われます。コバルトフリーも近い将来可能でしょうし一番近いメーカーだと思われます。後は住友化学の後ろ楯でいち早く高騰した分の値上げ交渉を望みます。数年前の反省を基に石橋を叩いて渡っているように私には、見えます。