ここから本文です

狂介は貧乏ゆえに、公平な徴兵制に執着した。
松陰先生門下を誇りにしたが、伊藤博文は、門下生と公言しなかった。
私は山県のほうが好きだ。