ここから本文です

今回の下方修正は一過性の要因によるものでしょうが、これで住友からきている副社長が、次の株主総会で社長になることが確定したように思います。
そのために、今回の修正で膿を出し切ったのではないでしょうか。
住友が田中を子会社化をしたのは、今は業績が悪くても、将来は収益源になると判断してのことです。
私にとって田中は長期投資の対象なので、名実ともに住友流の経営に変われば、これから急拡大していくEV化の波に乗って、来期以降に業績は回復していけると期待しています。
なお、当り前のことですが、株で資産を築いている人は、安い時に買って、高くなった時に売っている人です。
その逆の行動では、資産を溶かしてしまいます。