ここから本文です

週刊エコノミストの10月11日号の記事によると、「サムスンの火災事故は、発熱・発火を防ぐ安全装置として、電池を袋に包んでいるが、中国で製造した際に、袋に不完全部分が生じ、接触不良を起こしたことが原因である。」とサムスン電子が発表しています。
従って、リチウムイオン電池に限らず、マグネシウムイオン電池など他の二次電池でも、同様のことが起こります。