IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>1044

    デンカ(株)の元の会社名は電気化学(株)です。みずほ銀行グループに属します。徳山(株)、旭硝子(株)、昭和電工(株)、信越化学(株)と同じ塩化ビニール樹脂の生産からスタートした会社です。各社とも国からシリカの山をもらい受けてセメント工業も事業の柱にしてました。企業連合としては三井グループに近かったです。その後ボリスチレン事業とゴムのクロロプレン事業に進出して飛躍的に会社が大きくなりました。今の利益を生み出しているのは子会社のデンカ生研(株)です。戦後、国からもらいました。インフルエンザワクチンの3大メーカーのひとつです。コロナウイルス関連でアビガンの原料のマロン酸ジエステルの再開と抗原検体キッドの事業化とコロナワクチンの開発に取り組んでます。リチウム電池の負極材に使用される高純度カーボンブラックとディスプレイ用LEDランプに使用される蛍光体の大手メーカーです。合成樹脂と樹脂加工、ヘルスケア、エレクトロニクス事業が主力事業になってます。高機能材料、高付加価値化を目指している中堅化学メーカーで独立した会社で親会社はおりません。関係会社の太平洋セメント(株) の業績が改善されるとデンカ(株)の利益は増大しますがなかなか良くなりません。デンカ生研(株)は、中外製薬会社などにインフルエンザ用ワクチンを販売してます。コロナウイルスワクチンのような医薬品分野への積極的な攻勢(買収含む)が会社の今後の成長を決めると予想されます。株主になってデンカ(株)の成長を少し長い目でホールドして置かれたら良いことがあると思います。