IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

万が一マレーシアで減損が出てれば自主再建すら厳しい状態
に追い込まれそうですがトクヤマの価値からすれば紙くずはないでしょう
多結晶シリコンの価格に会社の運命がかかるような丁反バクチ経営の尻ぬぐい
は大変だとは思います現経営陣にはジミヤマに戻るため踏ん張ってもらいたい(苦笑)
現実は決算短信の利益剰余金が1080億から390億減っているのを見ると
2018年には需給がしまり価格が戻るとしか現経営陣も答えるしかないよね
手持ち資金および資金調達は短信を読む限り大丈夫なのであとは
第2期バクチ減損処理が先か、もしくは多結晶シリコンの価格が戻るが先かの
戦いになりそうです、返す返すもジミヤマを苦しめる前社長の悪業としか