IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>817

01/13 15:02
◇日経平均大引け 4日続伸 292円高、連日で30年5カ月ぶり高値

 13日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続伸し、前日比292円25銭(1.04%)高の2万8456円59銭で終えた。

 1990年8月8日以来およそ30年5カ月ぶりの高値を連日で更新した。

 米国の大規模な追加経済対策への期待が手掛かり材料となったほか、原油相場の上昇基調も投資家心理を上向かせた。

 半導体需要の伸びに期待した関連株を筆頭に、景気敏感株を中心に買いが入った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕


★やっと!動き始めた「半導体関連株」、「景気敏感株」、「割安(バリュー)株」のトクヤマ株の動きに、今後!!大いに注目したいと思います。

  • >>818

    01/13 15:52
    ◇日経平均、最高値からバブル後安値までの3分の2戻し達成 「今後は強弱感対立か」

     13日の東京株式市場で日経平均株価は前日比292円25銭(1.04%)高の2万8456円59銭で終えた。

     1989年12月29日に付けた最高値(3万8915円87銭)から、リーマン・ショック後の2009年3月10日に付けたバブル後最安値(7054円98銭)までの下げ幅の3分の2戻しを達成した。

     新型コロナウイルスの感染拡大に対する不安は残るものの、米国の大規模な追加経済対策への期待などが支えとなった。

     チャート分析上、3分の2戻しは相場の戻りの節目として意識される。
     市場では今後の展開について「全値戻しを意識した買いが入る半面、目先の達成感から売りも出やすく、当面は強弱感が対立しやすくなるだろう」(みずほ証券のM・Yシニアテクニカルアナリスト)との声があった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕