IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>814

【トクヤマ関連として、こん記載が有りました!!】

◆東証14時 伸び悩み、高値警戒で利益確定売り
 13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、前日比300円ほど高い2万8400円台後半で推移している。
 足元の急ピッチの相場上昇を受け、2万8500円を上回る水準では高値警戒感が一段と強まり、海外の短期筋などを中心に利益確定売りが出た。

 西村康稔経済財政・再生相が同日午後、専門家で構成する基本的対処方針等諮問委員会で、緊急事態宣言の対象に関西の3府県などを追加する案を諮問した。ただ相場には織り込み済みで反応は乏しい。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆8518億円、売買高は8億6301万株だった。

 コナミHDやネクソン、バンナムHDが買われた。
 東エレクやアドテストが上昇し、SUMCOやトクヤマも高い。
 一方で東宝が大幅安。大ガスや東ガス、東電HDや関西電が売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕



◆東証10時 上昇一服、緊急事態宣言が重荷 半導体株に買い目立つ
 13日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上昇が一服し、前日比30円ほど高い2万8100円台後半で推移している。米国の追加経済対策などを期待した買いが入る半面、緊急事態宣言の対象地域拡大を警戒した売りが上値を抑える展開が続いている。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で7885億円、売買高は3億6900万株だった。

 半導体関連株の一角が買われ、東エレクやアドテストなどの上昇が目立つ。
 ENEOSや国際石開帝石が買われているほか、東ソーやトクヤマも高い。

 一方で楽天が下げている。オリンパスやテルモも安い。JR東日本、JR西日本も下落。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕


★「半導体関連など中長期的な成長を見込める銘柄を中心に物色が進んでいる」との見方があるとのこと。トクヤマ株も半導体関連として頑張っていただきたい!!

  • >>817

    01/13 15:02
    ◇日経平均大引け 4日続伸 292円高、連日で30年5カ月ぶり高値

     13日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続伸し、前日比292円25銭(1.04%)高の2万8456円59銭で終えた。

     1990年8月8日以来およそ30年5カ月ぶりの高値を連日で更新した。

     米国の大規模な追加経済対策への期待が手掛かり材料となったほか、原油相場の上昇基調も投資家心理を上向かせた。

     半導体需要の伸びに期待した関連株を筆頭に、景気敏感株を中心に買いが入った。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕


    ★やっと!動き始めた「半導体関連株」、「景気敏感株」、「割安(バリュー)株」のトクヤマ株の動きに、今後!!大いに注目したいと思います。