ここから本文です

三年前までは、片倉チッカリンと言っていた、往年の仕手株。本日久しぶりに出来高が、2万株を超え、ピンづいてきた。もともと仕手性もあり、ここから目先面白い局面が見られるかもしれない。株式投資ないしは投機の道に踏み入れ、かれこれ38年、サラリーマンとの二足の草鞋を履いてきたが、ようやくにして来春、待ち焦がれた定年退職を迎えるよていである。この株がその半年後には、少なくとも1300円處に居処を変えていると思料します。色々な株式指標ならびに相場環境から、この株に流れがようやくにして向いてきた感触です。