ここから本文です

■G20「海洋プラスチックごみの削減!」
★クレハの新素材クレダックス(生分解性PGA)に脚光!

――――――――――
クレハは大幅高で新高値、新素材クレダックスに脚光
6月7日(金)12時31分配信 みんなの株式

 クレハ <4023> が大幅高で2月8日につけた年初来高値を更新。
今月大阪で行われるG20サミットでは「海洋プラスチックごみの削減」が重要議題に掲げられることもあって、脱プラスチック関連株の一角にマーケットの視線が向いている。
そのなか、新素材として生分解性PGA(ポリグリコール酸)を開発している同社に光が当たっている。
同社の開発した新素材クレダックスは、セルロースと同等の生分解性を有し1カ月以内に微生物によって二酸化炭素と水に分解される。
シェールオイル・ガスの掘削材料や工業用部材など、幅広い分野で需要を捉えている。
――――――――――


▽生分解性プラ関連の銘柄▽
――――――――――
6月7日(金)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

クレハなど-高い G20で海洋プラごみデータ集積に向けた国際枠組みを提案

 クレハ<4023>、すかいらーくホールディングス<3197>、ユニチカ<3103>、中越パルプ工業<3877>など生分解性プラ関連の銘柄が高い。
6日付の毎日新聞朝刊で、国際的に対策が急務の海洋プラスチックごみについて、政府は主要20カ国・地域(G20)の会議で、各国・地域のプラごみの海洋流出量など基礎データを集積するための枠組み構築を提案すると報じている。

 G20の開催に向け、原田義昭環境相がレジ袋の無料配布を一律禁止する方針を示すなど、同テーマが話題になっており、関連銘柄の物色が続いている。
――――――――――