ここから本文です

35期ぶりに過去最高益を更新する見通し
今期は、フッ化ビニリデン樹脂が伸びるうえ、PPS樹脂の旺盛な需要を取り込む
――――――――――
話題株ピックアップ【夕刊】 クレハ
5月15日(水)15時22分配信 株探ニュース

■クレハ <4023>  6,590円  +770 円 (+13.2%)  本日終値

14日大引け後に発表した19年3月期の連結税引き前利益は前の期比37.5%増の174億円に伸びて着地。
続く20年3月期も前期比49.1%増の260億円に拡大し、35期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。

前期はフッ化ビニリデン樹脂など付加価値の高い製品の販売が増加したことが利益を押し上げた。
今期は機能製品事業でリチウムイオン二次電池用バインダー向けフッ化ビニリデン樹脂が伸びるうえ、自動車向けを中心にPPS樹脂の旺盛な需要を取り込む。

併せて、今期の年間配当は前期比5円増の170円に増配する方針とした。

また、発行済み株式数の3.7%にあたる75万株(金額で50億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しており、株主還元の拡充を好感する買いが向かった。
――――――――――