ここから本文です

とりあえず赤字出血をとめることに全力を費やしてほしいですね。
同業の段ボール企業で国内での段ボール原紙価格の上昇があっても黒字を出しているところもあります。