ここから本文です

>>62

本日、5月15日(火)

Q:4Qの販管費減少の理由をご教示ください。
A:第4四半期に販管費が減少したおもな要因としましては、販売数量の減少に伴う運賃及び荷造費の減少が挙げられます。

Q:今期の30億円設備投資を予定していますが、減価償却費の影響で、+7%の増収だが、利益は圧迫されるのでしょうか?
A:今回の生産設備の増設は来期に稼働予定のため、今期の業績への影響はほとんどありません。
減価償却費につきましては、来期以降に計上となる予定です。
今期も輸入パルプや原油の価格が引き続き高い水準で推移することを想定し、減益を予想しております。

Q:御社の配当性向(POR)の目標を教えてください。
A:配当性向の目標は特に定めておりませんが、上場企業への株主還元拡大の要求が高まっている情勢を勘案して配当額を設定しております。

Q:御社は円高、円安、どちらの方が業績にとってプラスなのでしょうか?
A:主原材料と燃料のほとんどを輸入に頼っていることから、円高の方が調達コストは下がり、業績にはプラスとなります。

Q:年間を通じて、1円の円高・円安に関する営業利益の感応度を教えてください。
A:為替変動の影響額としましては、1円の変動で年間約3,500万円となります。

今期の想定為替レートが110円で、一般企業の100円~105円と比べて円安傾向だった。
ハビックスは円高がプラスとなることを知った。

IR担当者からのクイックレスポンスかつ分かり易い説明に好感を持った。
お礼のメールに下記の事を付加した。
「販売先のユニチャームや花王の業績が良いのに、御社がもう一つなのが寂しいです。
やはり、メーカーは強いのでしょうね。」

5/14(月)861 前日比+1(+0.12%)