IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

生産効率の良さが武器でも、椅子取りゲームの椅子が半分になったら、中期計画もスタート直後に落馬したようなもので、意味がなくなった。
大王買収計画も、生活用品活況で立場が逆転、むしろこちらが消滅の岐路に立つ。
我が国に必要な製紙会社はせいぜい2、3社。業界5、6位では存続はない。
ホワイトナイトだった商事も紙を見切り撤退。
株価は様々な思惑を孕んだ難解な展開になりそうだ。