ここから本文です

気になった点はこんなところでした。
・シェア47%あるハンドブックは十月から値上げした
・This Placeの顧客にアレンジが必要なソフトウェアを売るのは難しい。(中国で展開できたのは環境構築できる人がいてたため) ただし、Gravioなら可能性がある。
・アラスカ航空の1stプロジェクトの売上は4Qまでに乗るがボーイングやTモバほど多くはない。2ndプロジェクトの売上は今期に間に合わない見込み。

  • >>516

    自分は、古参株主なので、handbookを始めた頃をよく覚えています。
    今ほど知名度が無かった頃、株価が一時上がりました。
    アステリアしか製品が無かった時代に、収益の第2の柱として、
    地道に顧客を積み上げてきたと感慨深いです。
    This Placeに昨日は質問が殺到した?と思いますが、
    GravioとPlatio、特にGravioが今後、アステリアにとって重要なカギを握ると思います。何故なら、アステリアの野望、overseasがかかっていると思うので。
    ゴリラ社とThis Placeとの関係を使って海外に売りこんで欲しいものです。
    日本で売るのは、難儀かなと思います、gravioに関しては。
    何故なら、日本は日和見と言うか?海外で認められてから評価が上がるものが多々見られるので。
    その点、platioは国内で普及する可能性を秘めていると思いますが。

    This Placeに関しては、
    アラスカ航空以外に、2社clothingまじかと以前、言っていたような?
    ただ、当てにしていた大手2社の利益をどれほど取り戻せるかが問題かと。
    This Placeのwebsiteを買収後見てますが、clientは一流企業が多い。
    私的には特にBBCが印象深かった。
    本家?UKと香港は順調なのが救いかなと(#^^#)

    vision fundに関しては、いい返答をくれたと思います。
    今年はサプライズが多いSBGですが、長年、あの会社を見てますが、
    私にはソフト卸から投資企業に変身した印象が強いです。
    一代で大企業に育てたのだから凄いですが、
    あそこは自社で開発した技術はないでしょ?
    その点、アステリアは時間をかけて作った製品と優秀な人材がいます。
    投資に関しては、将来性のある会社をいかに安く買うかだと思います。
    SBGはヤフーとアリババが印象深いですが、アームに関しては割高じゃないか?と思わないでもない。
    その点、ゴリラ社の株主になったのはいずれ評価されるのではないか?と思います。何故なら、SBIも関わってますよね?違ったっけ?
    あそこは孫さんの肩腕だった北尾氏がいます(#^^#)
    やり手ですからあの人は。
    かつて大手が牛耳っていた證券業界に風穴を開けて圧倒しましたから。
    よく覚えてますよ、あの頃を。