ここから本文です

>>640

連投有難う御座いました!
ホルダー同志、アステリアを応援してあげましょう(^^)v
ソフト業界のソニーと言われるように!!

海外展開、後、もうちょいだと思うんですよね、
gravioの事例出ないかなと、首を長~くして待っているのですが。
それとgorilla technologyとのネタですかね?!

会社を20年続けるのは大変な事、殆ど生き残れませんよね?
その点、アステリアは紆余曲折を経て、ここまで登りつめた。
トライしては跳ね返された海外展開・・・。
もう少しで大望の海外での成功、足掛かり見えそうな気がします。

  • >>641

    海外展開、こんどはうまくいくはず!!
    ゆえに、決して急ぐ必要はないと思う
    ある意味、もううまくいっているとも言える!

    ThisPlaceやGorillaの例は大成功だが、
    海外だけでなく、日本でも抜群の手を打っている!
    こういう人を代表にしてAIに手を打つとは、ブレインパッドなどよりも大きく先を行っている!

    AI研究開発子会社「アステリアART(アート)」の設立について
    世界レベルの最先端マシン・ラーニング技術の開発と企業への適用を促進
    園田 智也(そのだ ともなり)[博士・情報科学(早稲田大学)
    1997年、世界初の音楽検索エンジンを1997年に発明。そのエンジンは、機械学習で人間の声(歌声)のパターンを認識し、検索クエリに変換、インターネット上のデータベースに対して、曲名を検索するものであった。
    1998〜2003年、機械学習と、ニューラルネットワークの技術を用いて、ジェスチャ認識システムや、マルチモーダルインターフェースシステムを開発した。
    2001〜2003年、日本学術振興会特別研究員(文部科学省所管の独立行政法人日本学術振興会に認定された日本トップクラスの優れた若手研究者)。
    2002年、IPA (独立行政法人 情報処理推進機構) 未踏ソフトウェア創造事業に採択。
    2001年、博士課程の学生のときに、ウタゴエ株式会社を設立。
    現在、ライフログデータシステムと機械学習システムを開発しており、人工知能がこの地球上の複雑な問題を解決するのを支援するという次の社会を追求している。
     
    ・・・個人的には、平野さんはソフトで世界席巻を果たしたことがあると思っている
    IBM Notesの爆発的ヒットは、平野さんの貢献だと勝手に判断している