ここから本文です

>>997

みなさん明日の財布祭りに期待してるのですね。
通貨発行者自ら煽りまくるなんて正気の沙汰とは思えんが、市場参加者がみんな望んでいる以上しかたないかもしれませんね。

そんな中、
>Zaifトークンを所有していればCMSを入手する際に手数料をお安くするとかね。
とかだったら西成暴動以上のものを見られそうな気がするw

  • >>1014

    CMS取引の手数料値引きとかであれば、確かに再炎上かもw

    例えばValuは個人のトークンでHikaruがインサイダーとかで売り抜けたって問題になってますよね。奴らは馬鹿ですが、Zaifトークンもこれと同じでたまたま取引所が発行しているだけだから、発行側が好きなように煽ろうが、裏で情報流して誰かに利益出させたとしてもトークンにスマートコントラクトのような機能を持たせずビットコインへ返還後にウォレットに送ってからそのごミキシング手法で外部へ送金すると足取りを追えなくなると思う。有価証券と違うものだから法的規制なんてないし、発行体の信用の上に成立しているだけ。だから裏操作はいくらでもできるので最後はババ抜きですね。

    一方、COMSAの場合は、社外のICO協議会委員を設置してコーポレートガバナンスもしっかりしてるし、信用のある企業のICO参入を誘致する目的のもと、COMSAブロックチェーン上でスマートコントラクトも機能しますから信頼性が全く違うものです。

    COMSAが信頼性のないZaifトークンとペッグしてシステム連携するようなことが起きたら不透明極まりなく信用度はNGになるかと考えます。だからZaifトークンはどこまでもイベント用という位置づけなんでしょう。そこを理解していない購入者が多いのかもしれません。乱高下相場で値幅制限のない仕手株に参加してるのと何も変わらないと思いますし、情報操作しても罪に問われない可能性もあるのでかなり悪質なものかと思います。