ここから本文です

全世界の株式市場に上場する銘柄の株価の90%以上は、ボリンジャーバンド+3σ〜−3σに収まります。

それにしても、システムデザインの3営業日連続S高は驚愕で、そのボリンジャーバンドをスルーしています。

ご存知の通り、アイフリークモバイルは5月30日終値ベースで一目均衡表の3役好転になりました。ボリンジャーバンド+3σを日々上昇させ、テクニカル上、S高を許容できる態勢を整えてもらいたいものです。