ここから本文です

ディープラーニングを使った異常検知システムAISI∀ Anomaly DetectionがマイクロソフトAzure Certified IoT Edge Devices Certification認定


株式会社システムインテグレータ
2019年8月7日 10時00分

​株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部 証券コード3826、以下「当社」)は、ディープラーニング技術を 使って製品の品質検査を行う異常検知システム(AISI∀(アイシア) Anomaly Detection、以下「AISI∀ AD」)が、Avalueジャパン株式会社のエッジコンピュータ*1「Avalue-EPC-SKLU」*2上でAzure IoTでの動作検証済みエコシステム*3としてマイクロソフトAzure Certified IoT Edge Devices Certificationの認定を受領したことを発表します。

医療機器や自動車をはじめ、産業機器、工場ラインなどの製造機器、家電製品など、あらゆる機器や設備がネットワークにつながることをIoT(Internet of Things)と言います。IoTにより、多種多様なデータがクラウド*4に蓄積できるようになり、こうした蓄積データを活用する企業が増えてきています。

このような状況の中で、マイクロソフトのクラウドAzureはAIとIoTの両方に必要な機能を統合的に提供し、スピーディーかつ低コストでIoTアプリケーションの開発ができるAzure IoTを提供しています。

当社の異常検知システム「AISI∀ AD」は、このAzure IoTを利用しており、この度Azure Certified IoT Edge Devices Certificationの認定を受領いたしました。

これにより、お客様はAzure Certified IoT Edge Devices Certificationの認定を受けた対象デバイスを使用することで、「AISI∀ AD」をすぐに利用することができます。Avalue-EPC-SKLUも同認定を受けたエッジコンピュータで、「AISI∀ AD」はこのデバイス上で動作します。