ここから本文です
1925

hik***** 強く買いたい 2018年7月21日 00:20

↓下記のニュース読むと、年初から大口さんたちが、仮想通貨を逆張りしまくっていた事が分かる。他方、ビットポイントは今年1月から,大口さんたちの要望に応え、わざわざ大口専用窓口を設け、大口さんたちの確保に努めた結果、1~3月は、CCショック及び仮想通貨大暴落にもかかわらず、たった3ヶ月で約15億円弱爆益を叩きだした。

 1Qも大口さん達の押し目買いが続いていたとしたら、1Qの利益は更に上積みされてしまうかもしれないね。
7月から明らかに大口仮想通貨ホールダーに利の多い、管理料キャッシュバックキャンペーンやっとるし、BPは感謝・還元を忘れないねぇ。



デジタル資産運用ファンドのグレースケールが18日に出したレポートによると、今年前半、資金流入の大半が機関投資家によるものだったことが明らかになった。今年に入って仮想通貨相場は低迷しているが、グルースケールの言葉を借りれば「反直感的」に機関投資家からの投資額が加速していたことになる。

 グレースケールの仮想通貨関連商品に対する投資額は、今年の6月30日までにほぼ2億4840万ドル(約280億円)を記録し、2013年以来で最高。そのうちの実に56%が機関投資家からだったという。

また週平均で955万ドルの新たな資金流入があり、そのうちの63%である603万ドルが、グレースケールが出資する投資信託であるビットコイン・インベストメント・トラストに流れたという。


 仮想通貨相場は年初から下がっていたが、機関投資家は押し目買いを狙っていたことがレポートから明らかになった。

グレースケールは、過去5年間、仮想通貨への投資額を調査している。2013年9月には投資信託であるビットコイン・インベストメント・トラストを設立。

 仮想通貨に興味を示す機関投資家のニュースは多く、先日、世界最大の資産運用会社ブラックロックがビットコインの可能性を評価するためのワーキンググループを設立したと発表。また”資産1兆円の男”スティーブ・コーエン氏が仮想通貨ヘッジファンドに投資を始めたことが明らかになった。

https://jp.cointelegraph.com/news/2018-crypto-investment-report-institutional-investors-provide-56-of-capital-inflow