IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

マークラインズ(3901)の決算発表は、四半期報告書も含め、
今回の本決算で5回目ですが、今のところ何の不満もありません。

数値以外のところで目についたのは、
「今後のシステム刷新を機に、情報発信サービスを中核事業にするための活動を展開してまいります。」
という一文が今回付け加えられている点です。これは会社の方向性に関する明確な意思表示でしょう。
また、新任社外取締役候補者として、BtoBプラットフォームの高収益&高成長テンバガー銘柄、
インフォマート(2492)の創業者の名前が挙がっています。