IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3191

※業績予想は2015年2集の会社四季報より抜粋

自動車産業ポータルのマークラインズ(3901) 
時価総額107億円(2015年3月31日時点)
連15.12予 1,270 410 420 270
連16.12予 1,520 500 510 330
ROE予27.8%/ ROA予18.1% 売上高成長率19.6%/純利益成長率22.2%
⇒PBR11.11倍(2015年3月31日時点)

新興(直近IPO)のPBRレンジは東証一部レンジよりやや上方にシフトするのが普通です。
規模の小さな新興企業の方が業績拡大余地が大きく、過去の資本の蓄積も少ないため、
PBRが大きめの数字になりやすいためです。
東証一部レンジPBR10.95倍~19.22倍×1.5倍~2.0倍
⇒PBR16.42倍~38.44倍
この位の水準が現在の相場環境の新興(直近IPO)レンジではないでしょうか。

現状のマークラインズのPBRは東証1部銘柄3つの中で最もPBRの低いクックパッド(2193)並、
新興(直近IPO)補正をかけたレンジの下限を突き抜けているため、
ほとんど買われていない状態に放置されていると言えます。
目先の株価を持ち上げるようなIRには決して関心を示さない会社ですが、
これはレンジの下に行き過ぎ、おかしいものはおかしい、
上がる時が来ればレンジの下ではなく、上の方まで買われる時が来るはずです。