IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3184

マークラインズ(3901)のターゲットはB2B市場であり、
ビットオート・ホールディングスのターゲットであるB2C市場とは
市場規模の大きさのケタが違います(しかもB2B市場の中でも自動車産業は全産業中屈指の存在です)。
さらにマークラインズの情報が自動車の開発・設計段階の情報まで網羅しているのに対し、
ビットオート・ホールディングスの情報の取扱い範囲は市販後のものでしかなく、
参入障壁が低すぎるためオンリーワンの存在になりえません。
そしてマークラインズが日本語、英語、中国語の3ヶ国語に対応しているのに対し、
ビットオート・ホールディングスは中国語のみのようです。