ここから本文です

>>989

はい。
4Qでプロモーション費用がかさんだのは、日本国内「暁のブレイカーズ」・「ゲットアンプドモバイル」のCM、あと台湾で「ゲットアンプドモバイル」のCMを行ったことが原因と考えています。

> 「トレバ」及び新規タイトルのプロモーション費用 550 百万円それぞれの増加が生じたことによるものです。

よって、国内でのCMについても、あまり111919さん同様に、私もあまり肯定的ではありません。